「良心」の意味とは?意味や使い方を解説!

「良心」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「良心」について解説します。

目次

  1. 良心
  2. 良心の意味とは
  3. 良心を使った文章・例

良心

良心」という言葉について解説します。

みなさんもちろん聞いたことがあるであろうこの言葉。聞いたことがあるというよりも、みなさんがそれぞれ心の中に持っているものなので、それこそ身近な言葉だと思います。

「良心の呵責」「良心が痛む」などと使いますが、この良心という言葉を上手く説明することはできるでしょうか。

意外と身近過ぎるために、良心という言葉についてあまり考えたことがないというのが実情かもしれませんよね。

そこで、ここではそんな「良心」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

 

良心の意味とは

良心とは「善悪・正邪を判断し、正しい行動をしようとする心の働き」という意味になっています。

良心という言葉について、感覚では理解していてもいざ言葉にしようとするとイメージが湧きにくいと思いますが、良心とは「正しい行動をしようとする心の働き」と説明されています。

そう考えると、良心が痛むと言った場合は「正しい行動をしようとする心が痛む」というように具体的にイメージがつくのではないでしょうか。

また、善悪・正邪は不変なものではないので、立場や文化など人それぞれの良心=正しい行動があり、それは一つではないということも分かるのではないでしょうか。

そう考えると、良心という短い言葉の中には深いものが隠れているようですね。

>

良心を使った文章・例

  • 良心の呵責とは、正しくない行動をした自分に対して心を痛めること。また心の中で苦しむことを言う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ