「ノイズリダクション」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ノイズリダクション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ノイズリダクション」について解説します。

目次

  1. ノイズリダクション
  2. ノイズリダクションの意味とは
  3. ノイズリダクションを使った文章・例

ノイズリダクション

皆さんは「ノイズリダクション」という言葉をご存知でしょうか。

リモートワークやWeb会議などで映像配信技術への関心が高まる中で、注目される技術です。

今回は「ノイズリダクション」という言葉について詳しく解説します。

ノイズリダクションの意味とは

ノイズリダクションとは「音声などの信号データを分析し、ノイズを抽出して抑圧または軽減する技術」という意味です。

「リダクション」とは英語で綴ると「reduction」となり、「減少」や「削減」という意味です。

通話やビデオチャットなどで会話していると、周囲の環境音をマイクが拾ってしまい、それがノイズとなって会話を阻害してしまいます。
これを防ぐための技術が「ノイズリダレクション」であり、信号データを分析してノイズのみを抽出し、音量を下げるなどして軽減することで快適な通話を可能にする者です。

デジタル機器を通した音声によるやり取りを行う際の「ノイズリダクション」の精度は重要であり、弱すぎるのが問題なのはもちろんですが、強すぎた場合は本当に必要な音声までカットしてしまうことも起こります。
Web会議などの重要なやり取りの際は特に、使用する機器やソフトの性能を事前に確かめておくことが大切です。

「ノイズリダクション」の技術は音声だけではなく、映像データを扱うソフトにも使われています。
ライブ映像の配信などで映像の乱れを軽減させているのも「ノイズリダクション」なのです。

>

ノイズリダクションを使った文章・例

  1. 最新の映像配信ソフトを導入してみたら、ノイズリダクションが優秀で感動した。
  2. 解像度の高い撮影がしたければ、ノイズリダクションの知識は欠かせない。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ