「ルッキズム」とは?意味や使い方を解説します!

「ルッキズム」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ルッキズム」について解説します。

目次

  1. ルッキズム
  2. ルッキズムの意味とは
  3. ルッキズムの使い方・例文

ルッキズム

皆さんは「ルッキズム」という言葉をご存知でしょうか。

「look(見る)」という単語から生まれた言葉で、見た目で人を評価する考え方のことです。

今回は「ルッキズム」という言葉について詳しく解説します。

ルッキズムの意味とは

>

ルッキズムとは「容姿の美醜によって人を評価し、美男美女とそうでない人とを差別して扱う考え方」という意味です。

美男美女は、そこにいるだけで人目を惹きつける魅力を持っています。
一方俗に言うブスや不細工と呼ばれる人は、それだけで遠ざけられてしまいがちです。
このように容姿の優劣だけで人を評価し差別するという考え方が「ルッキズム」です。
「ルッキズム」は人間関係に直接影響してくる他、職業選択や収入に影響してくる場合もあります。

容姿は身だしなみやメイクなどである程度改善することも可能ですが、それでも覆せない差は存在します。
内面や能力ではなく、基本的に生まれ持ったもので努力ではどうにもならない要素によって評価されるということが、「ルッキズム」という考え方の問題点なのです。

とはいえ、人間が美しいと思うものに惹かれ醜いと思うものを遠ざけるのは自然な感情であり、完全になくすことは不可能だと言えます。
またモデルなど見た目こそが重要な仕事も存在しており、「ルッキズム」の完全否定はそういった仕事の否定にもつながりかねません。
自分の中にある「ルッキズム」の視点を自覚して、うまく付き合うことが大切です。

ルッキズムの使い方・例文

  1. うちの社長の秘書は美人ぞろいで、露骨にルッキズムに傾倒している。
  2. 美人はルッキズムで得だと思われているが、好かれたくない人まで惹きつけてしまうこともある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ