「友情出演」とは?意味や使い方を解説します!

「友情出演」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「友情出演」について解説します。

目次

  1. 友情出演
  2. 友情出演の意味とは
  3. 友情出演の使い方・例文

友情出演

皆さんは「友情出演」という言葉をご存知でしょうか。

ドラマや映画のスタッフロールでよく見かける言葉ですが、いったいどういう意味なのでしょうか?

今回は「友情出演」という言葉について詳しく解説します。

友情出演の意味とは

>

友情出演とは「映画やドラマなどで、監督や主演俳優と親しい俳優が、格安の出演料で作品に出演すること」という意味です。

メインスタッフの人脈によって、本来は高額の出演料が発生するような俳優に「友情価格」の出演料で出演してもらうというシステムです。
時には出演料なしという場合もあります。
友情出演する側の俳優にとっては友人関係や人柄のアピールなどのメリットがあります。

似た言葉に「特別出演」や「カメオ出演」があります。

「特別出演」とは「普段は主役級の配役を演じる大物俳優に、出番の少ない役を演じてもらうこと」です。
作品全体に占める出演時間は短くても、重要で演技力が必要な登場人物は存在します。
そういう役に大御所俳優をキャスティングする際の肩書が「特別出演」です。

「カメオ出演」は、「あるワンシーンのみに登場する、意外性のある出演者」です。
本来は俳優ではない有名人や、スタッフや原作者及びその関係者などが「カメオ出演」することもあります。
漫画原作の映画で雑踏の中に原作者がいたり、通りすがりの子供が監督の実子だったりといった例を挙げることができます。
「カメオ出演」を入れる目的は監督のお遊びだったり、インパクトや話題性が狙いだったりします。

友情出演の使い方・例文

  1. 自分の好きな俳優が、この監督の撮るドラマの多くに友情出演している。
  2. 知り合いが、以前世話になった舞台のスタッフから友情出演を打診されたらしい。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ