「浅慮」の意味とは?意味や使い方を解説!

「浅慮」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「浅慮」について解説します。

目次

  1. 浅慮
  2. 浅慮の意味とは
  3. 浅慮を使った文章・例

浅慮

浅慮」という言葉について解説します。

みなさんはこの「浅慮」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

読み方は「せんりょ」と読みます。

堅い表現なので、日常生活の中で気軽に出てくる言葉ではありませんが、ビジネスの場などではたびたび見聞きすることがあります。

また、使う際は注意が必要な言葉ともいえるので、ここで一度この言葉について押さえてみましょう。

ここではそんな「浅慮」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

浅慮の意味とは

>

浅慮とは「考えの浅いこと」「浅はかな考え」「軽々しい考え」という意味の言葉となっています。

考慮の慮に浅いの組み合わせで浅慮なので、意味の想像もしやすいかもしれません。

ですが、意味としてはきつい意味を持っている言葉ですので、使う際には時と場所と相手は選ぶ必要があります。

基本的には自分に対してや、身内に対して使うのが問題のない使い方で、「私の浅慮さから今回のことを招いてしまいました」といった形で使います。

軽々しい考えで、浅はかな考えでというよりも、浅慮という言葉を使った方が、ビジネスの場ではスマートかもしれません。

ちなみに、あいつはいつも浅慮なんだよなぁ。といった使い方は避けた方がよいでしょう。

浅慮を使った文章・例

  • 部下の度重なる浅慮な行動は、指導する立場にある私の責任でもあります。
  • 社長一族の浅慮遠望(浅い考えで先を見据えること)が招いた結果として、この会社は倒産の憂き目にあった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ