「短慮」の意味とは?意味や使い方を解説!

「短慮」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「短慮」について解説します。

目次

  1. 短慮
  2. 短慮の意味とは
  3. 短慮を使った文章・例

短慮

短慮」という言葉について解説します。

みなさんはこの「短慮」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

読み方は「たんりょ」と読みますが、なかなか日常会話の中で登場するタイプの言葉ではないかもしれません。

初めて聞いた、久しぶりに見たという方も少なくないのではないでしょうか。

ここではそんな「短慮」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

またこの言葉は「浅慮」という言葉と並んで登場することも多々ありますが、短慮と浅慮の違いについても
触れていきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。
 

短慮の意味とは

>

短慮とは

  1. 考えが浅はかなこと。思慮の足りないこと。また、そのさま。
  2. 気が短いこと。また、そのさま。
という意味を持つ言葉となります。

思慮の「慮」の字が使われていることから1の意味を知っていたという方は多いかもしれませんが、2の意味の気が短いという意味があることを知らなかった方はいらっしゃるのではないでしょうか。

考えが浅はかなことを短慮と言いますが、短い思慮=少し考えただけ=浅はか となることが分かりそうです。

意味からも分かるように、かなりきつい意味を持つ言葉となっています。

あまりそういった機会はないかもしれませんが、人に対して使う際は十分に注意して使うようにしましょう。

短慮を使った文章・例

  • 彼が計画する旅行は日程に無理があって、短慮な計画と言わざるを得ないことがほとんどだ。
  • この専門学校に入学したことに後悔しかない。進学先を決める時に短慮な決断をしたことを悔いるばかりだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ