「毒舌」の意味とは?意味や使い方を解説!

「毒舌」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「毒舌」について解説します。

目次

  1. 毒舌
  2. 毒舌の意味とは
  3. 毒舌を使った文章・例

毒舌

皆さんは「毒舌」という言葉をご存知でしょうか。

認知度の高い言葉ではありますが、人によっては意味の定義が違うこともあります。

今回は「毒舌」という言葉について詳しく解説します。

毒舌の意味とは

>

毒舌とは「他人に対して辛辣な言葉や悪口、厳しい皮肉を言うこと。」という意味です。

用例としては「毒舌を言う」「毒舌を振るう」などがある他、「毒を吐く」という表現も同じ意味になります。

一口に「毒舌」といっても様々な種類があり、辛辣であっても的確なことを指摘している場合もあります。
そのようなもののみを「毒舌」と呼び、単なる悪口と区別して使う人もいます。
単なる悪口をまき散らす人は当然嫌われますが、日頃から人間関係に気を配り周囲から慕われる人の的確な「毒舌」はむしろ受け入れられます。

また「毒舌」を頻繁に口にする人のことを「毒舌家」といいます。
「毒舌」ばかり言う人である「毒舌家」は、基本的に嫌われる傾向にあります。
鋭い指摘や皮肉を言う機会などしょっちゅうあるものではないので、大量の「毒舌」がばらまかれるならば、中身は単なる悪口が大半となるからです。
正論の指摘だったとしても、癇に障る言い方ばかりで繰り出されるのなら、言われた方は反発心を覚えることになります。

「毒舌」を操るならば、適度なバランスを心掛けなければならないのです。

毒舌を使った文章・例

  1. 普段穏やかな人が突然口にした毒舌に、周囲は驚いて絶句してしまった。
  2. あの人は毒舌ばかり言うので、みんなから避けられている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ