「日曜大工」の意味とは?意味や使い方を解説!

「日曜大工」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「日曜大工」について解説します。

目次

  1. 日曜大工
  2. 日曜大工の意味とは
  3. 日曜大工を使った文章・例

日曜大工

日曜大工」という言葉について解説します。

みなさんはこの「日曜大工」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

日常の中で使う言葉なので、割と身近な言葉と言えるかもしれませんが、きちんとした意味はご存知ですか?

最近ではdiyという言葉と一緒に使われることも多いので、一緒の意味の言葉だと認識している方も多いかもしれません。

ここではそんな「日曜大工」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

また、diyとの違いなどにも触れていきますので、

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

日曜大工の意味とは

>

日曜大工とは「大工を職業としていない一般人が日曜日など休日に趣味でする大工仕事のこと」という意味の言葉となります。

この言葉のポイントは「大工ではない一般人」と「趣味で」という二点がポイントです。

本物の大工さんに対して使うと本当に無礼になってしまうので注意しましょう。

イメージとしては休日にお父さんがトントンカンカン棚を作ったり直したりする光景となるでしょうか。

ちなみに日曜大工=diyと思われがちですが、日曜大工が趣味であることに対してdiyはdo it yourself(自分でやる)という言葉となっています。

ですので、必要に迫られて椅子を作ったり、本業の知識でもって何かを作ったり、業者を頼まずに自分でやること、全般をdiyと言います。

一般人がただの趣味でやる日曜大工とは異なる意味合いを持っていることも、併せて覚えてみてはいかがでしょうか。

日曜大工を使った文章・例

  • 軒先で日曜大工をするお父さん。それを見つめる子供。というのは失われた光景かもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ