「内見」の意味とは?意味や使い方を解説!

「内見」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「内見」について解説します。

目次

  1. 内見
  2. 内見の意味とは
  3. 内見を使った文章・例

内見

内見」という言葉について解説します。

一人暮らしを始めたことのある方や、引っ越しをしたことがある方にとっては見聞きしたことがある言葉だと思いますが、そうでない方にとっては耳慣れない言葉かもしれません。

「内見する」といった形で使いますが、この言葉の意味はご存知でしょうか。

見聞きしたことがない方や引っ越しなどに縁のない方にとっても知っておいて損はない言葉ですのでここで一度押さえてみましょう。

ここでなそんな「内見」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

内見の意味とは

>

内見とは

  1. 内々に見ること。内覧。
  2. 内部見学の略で、建物内部を実際に見ること。多く、不動産の売買、賃貸契約の際に行うものを言う。
という意味の言葉となっています。

日常生活の中で見聞きするのは2の意味の内見が多いのではないでしょうか。

一人暮らしを始める時、引っ越しの時などに、不動産会社で紹介された物件の建物に実際に行って見てみることを内見と言います。

建物の内見をせずに不動産会社の情報だけで契約をするという方はほとんどいないと思います。

内見は実際に契約する際には大切な要素となってくる言葉ですので覚えてみてください。

内見を使った文章・例

  • ネットで見た時は広いし、駅近だし良い物件だと思ったが、内見してみると隣の音がかなり聞こえることが分かった。
  • 物件の内見をしたいと申し出た時に、不動産会社の担当者が渋った時は絶対に契約しない方がいい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ