「素寒貧」とは?意味や使い方を解説します!

「素寒貧」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「素寒貧」について解説します。

目次

  1. 素寒貧
  2. 素寒貧の意味とは
  3. 素寒貧の使い方・例文

素寒貧

素寒貧」という言葉について解説します。

まずみなさんはこの言葉の読み方はご存知でしょうか。

初めて見たという方にとっては難しい問題かもしれませんが、この言葉の読み方は「すかんぴん」です。

面白い響きの言葉といった感じがしますが、読み方が分かったところで、余計に意味の想像が難しくなってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

「素寒貧な状態だ」といった使い方をするこの言葉について、ここでは意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

素寒貧の意味とは

>

素寒貧(読み方・すかんぴん)とは「貧乏で何も持たないこと。まったく金がないこと。また、そういう人や、そのさま」という意味の言葉となっています。

現代ではなかなか使われなくなってきている言葉の一つと言えるかもしれませんが、漢字から意味を想像できそうです。

質素の素、寒い、貧乏の貧の組み合わせなので、いかにも貧しくみすぼらしい感じが字面から漂います。

素寒貧の状態だ。といった場合は、金がまったくない状態だ。という意味になります。

この言葉の注意点としては、ただお金の無い状態を表す言葉というよりは、そのような人を嘲る意味が含まれていたり、自虐として自分に使ったりする言葉ですので、使う際は注意が必要です。

素寒貧の使い方・例文

  • このコロナ禍で、うちの商店街はどの店も素寒貧でぎりぎりの状態だ。
  • こんなに素寒貧な生活を送っていては、結婚したくてもできないだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ