「身構える」とは?意味や使い方を解説します!

「身構える」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「身構える」について解説します。

目次

  1. 身構える
  2. 身構える(みがまえる)の意味とは
  3. 身構えるの使い方・例文

身構える

「身構える」という言葉について解説します。

みなさんも日常の中でこの言葉を見聞きしたことがあると思います。

「先生に呼び出されたので身構える」「木刀を持って身構える」というような使い方をしますが、この言葉の意味をみなさんはきちんと把握しているでしょうか。

ここでは日常の中でも度々登場する「身構える」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

また、類語も紹介していきますので、ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

身構える(みがまえる)の意味とは

>

身構える(読み方・みがまえる)とは「敵や迫りくるもの、出来事に対し、いつでも対応できる姿勢をとる。また、用心しながら相手になる」という意味の言葉となっています。

先生に呼び出されたので身構える。といった場合、「先生に呼び出されたので、用心する」というような意味になることが分かると思います。

日常生活や、ビジネスシーンの中で、用心したり備えて事に向かうということはよくあるので、かなり身近な言葉といえるのではないでしょうか。

ぜひ覚えてみてください。

身構えるの類語

​​​​​​身構えるの類語として

  • 備える(物事が起こった時に応じれるように準備する)
  • 奮い起こす(励まして気力を盛んにする)
  • 準備する(物事をする前にあらかじめ必要なものなどを整えること)
  • 用意する(前もって必要な物をそろえて整えておくこと)
といった言葉が挙げられます。

身構えるの使い方・例文

  • お化け屋敷ではどこからお化け役が出てくるか分からないので身構える
  • スマホの地震アラートが鳴ったので大きな揺れに備えて身構える

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ