「代理」の意味とは?意味や使い方を解説!

「代理」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「代理」について解説します。

目次

  1. 代理
  2. 代理の意味とは
  3. 代理を使った文章・例

代理

代理」という言葉について解説します。

「代理で返事しておいて」「担当〇〇の代理で伺いました」といった形で使われるこの言葉。

みなさんも日常の中でよく使うのではないでしょうか。

多くの方は代理と言えば、「本人の代わり」といった理解をしていると思います。

平たく言ってしまえばその認識があれば事足りるのですが、ここで一度きちんとした意味をおさらいしてみてはいかがでしょうか。

ここではそんな「代理」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

代理の意味とは

>

代理とは

  1. 本人に代わって事を処理すること。また、本人に代わるその人。
  2. ある人が、本人のために第三者に対して意思表示を行い、または第三者から意思表示を受けることによって、その法律効果が直接本人について生じること。
といった意味の言葉となっています。

2の意味は法律上の「代理」というものについての意味なので、日常の中で使われる「代理」の意味としては1の意味になります。

ふと思うと、日常生活の中で代理というのは溢れかえっています。妻や夫に何かをしておいてと頼む、子供が親のお使いにいく。弁護士に何かを頼む。なども代理で事を行っていると言えます。

細かく言うと、飲食店なども代理で料理を作ってもらってその対価を払っているのかもしれません。

ただ、やはり本人に代わる人として何かを頼むには前提として信頼できる人物。というのは絶対条件となりますよね。

 

代理を使った文章・例

  • 部長の代理を頼まれるようになって、初めて信頼されているのだと知った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ