「オーガナイザー」とは?意味や使い方を解説!

「オーガナイザー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オーガナイザー」について解説します。

目次

  1. オーガナイザー
  2. オーガナイザーの意味とは
  3. オーガナイザーを使った文章・使い方

オーガナイザー

認知度の低い言葉として「オーガナイザー」という言葉が存在します。

一見、難しそうな言葉に見えますが、意味を覚えてしまえばとても便利な言葉です。

認知度こそ低いものの、頻繁に使用される言葉であり多くの人が一度は目にしたことのある言葉だと思います。

「オーガナイザー」の意味を知らない人はこの記事で覚えてしまいましょう。

今回は「オーガナイザー」について解説していきます。

オーガナイザーの意味とは

「オーガナイザー(organizer)」とは「組織者・主催者・まとめ役」を意味します。

元々は「organize(オーガナイズ)」という英語は「組織する・編成する・整理する・体系づける」などの意味があります。
そこに[er]=「~する(される)人」っをつけることによって「organizer(オーガナイザー)」となりました。

「オーガナイザー」は組織の核や元となる人や、多くの人を集め組織をつくりあげる人を指します。

元々は「組織への勧誘を行う人」を指して政治や労組などで使用されていた言葉ですが、最近では組織を構成する元の人全般を指して使用されています。

略語として「オルグ」と呼ばれることもあります。
意味は同じであるため「オーガナイザー」と合わせて覚えておきましょう。

オーガナイザーを使った文章・使い方

「オーガナイザー」を使った例文を紹介します。

  1. あの人はこの組織のオーガナイザーを務めている。
  2. この会社のオーガナイザーはとても有能だ。
  3. オーガナイザーの素質は人に注目される才能だ。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ