「ブッキング」とは?意味や使い方を解説!

日常生活で「ブッキング」という言葉を耳にすることがあると思います。聞いたことはあるけど意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ブッキング」について解説します。

目次

  1. ブッキング
  2. ブッキングの意味とは
  3. ブッキングを使った文章・使い方

ブッキング

航空会社とかがよく使ってるのを耳にする「オーバーブッキング」の「ブッキング」という言葉があります。

「ダブルブッキング」という言葉も聞きますね。この「ブッキング」という言葉の意味をご存知でしょうか。この機会に意味を理解してみましょう。

今回は「ブッキング」について解説していきます。
 

ブッキングの意味とは

ブッキングの意味は「帳簿への記入」「宿泊施設や乗り物などの予約」「興行・出演の契約や映画の配給契約」となります。
この3つの「記帳」「予約」「契約」の意味があります。主に使われているのは予約と契約です。
「約束」というような意味合いで使われることもあります。

英語で「booking」です。

ちなみに、音楽業界用語での「ブッキング」はアーティストのスケジュール調整となります。ブッキングライブというのはアーティストとアーティストの調整をどれだけうまく出来るかということのようです。

「ダブルブッキング」の意味は、二重の予約を意味し、同じ日時の予定や予約が同時に二つ以上重なることを指します。部屋や座席を二重に予約を受けたり、約束を二重にしたりすることです。

「オーバーブッキング」は航空会社が飛行機の座席数以上の乗客数を予約してしまうことです。

 

ブッキングを使った文章・使い方

<例文>

  1. やっと大手の芸能事務所とブッキングが成立した。
  2. とても疲れていてホテルに入ったら、予約した部屋がダブルブッキングしていると言われて慌ててしまった。
  3. 友人がライブハウスのブッキング担当で、かなり忙しいようだ。
  4. この日は、親戚の結婚式と部長の送別会がダブルブッキングしていて、どちらに行こうか迷っている。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ