「餞別」とは?意味や読み方・類語を解説!

「餞別」という言葉の読み方と意味を解説していきます。難読語として有名な言葉のため、覚えておくと便利です。今回は「餞別」の意味・使い方などを紹介していきます。

目次

  1. 餞別
  2. 餞別の意味・読み方とは
  3. 餞別の類語
  4. 餞別を使った文章・使い方

餞別

漢字自体あまり目にすることがなく、読み方の難しい「餞別」という言葉があります。

皆様は「退職する人に餞別を贈る」という使われ方をする餞別という言葉の読み方・意味をご存知でしょうか。

難しい漢字「餞」にも意味があり、なんとなく「餞別」という言葉の意味を理解してないで使っていると思います。この機会に意味を理解してみましょう。

「餞別」という言葉の意味について解説します。
 

餞別の意味・読み方とは

餞別の意味は「赴任・旅行・引越しなどで遠くへ行く人に対して、旅立ちの際の別れのしるしとして贈る金品などのこと」となります。
読み方は「せんべつ」です。

「餞別」の「餞」の字には、旅立ちに際し、馬の鼻を目的地に向けて道中の安全を祈願したことから「馬の鼻向け」という意味があります。この意から、おはなむけにと言って、餞別を渡すこともあります。

もう一つ別の意味もあり、旅立つ人の無事を祈ってささやかな祝宴を催すもありますが、こちらの意味で使われることはほぼありません。


 

餞別の類語

<類語>
「手向け」「はなむけの言葉」「お別れの品」「送別品」「贈り物」
「送別会のプレゼント」「記念品」「激励」

<英語>
「a parting gift」「a farewell gift」
 

餞別を使った文章・使い方

<例文>

  1. 長年お世話になった退職する部長に、みんなでお餞別を贈りましょう。
  2. フランスに旅行に行く友達に、少ないけどと言ってお餞別を渡した。
  3. 赴任先に行っても元気でねと言って、お餞別を贈った。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ