「オファー」とは?意味や使い方を解説!

日常生活で「オファー」という言葉を耳にすることがあると思います。この表現のもともとの英語Offerが日本人によって独特の意味を持つようになりました。聞いたことはあるけど意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オファー」について解説します。

目次

  1. オファー
  2. オファーの意味とは
  3. オファーの対義語
  4. オファーを使った文章・例文

オファー

「この仕事をあの代理店にオファーする」「このオファーは受け入れられない」という表現を聞いたことがおありだと思います。

この表現だけを分析するのなら何かを別の第三者に譲渡する、あるいは何かをあげるというような意味を持つと理解できます。

現代社会においてはどのような認識でどのように使用されているのか現代日本語になったこの表現の意味を知るため対義語などを調べて正確に理解しましょう。

オファーの意味とは

「オファー」という言葉には「仕事関係に生じる提供や申し出ること、あるいは申し込みを意味します。

もともとの英語「Offer」にはもっと広い意味での提供や提案あるいは捧げるといった意味合いがありますが、日本語では専ら仕事関において使用される表現となっています。
 

オファーの対義語

このオファーという言葉は外国為替取引上でもよく使用される言葉で、その場合はオファーは売り値という意味で使用されます。

となると、その対義語であるので、買い値がオファーから見て反対の言葉でビッド「Bid」あるいはペイ「Pay」として表現されます。

一概に対義語といっても、ペイやビッドという表現が用いられることから、オファーに比べるとそれほど浸透していない表現であって、どちらかというとオファーのほうが頻繁に使用されている表現です。

売り値がオファーで、買い値がペイを意味し、証券取引上においてオファーを受けるとは売り値を受けるを意味します。
 

オファーを使った文章・例文

では、この表現をどのように使用できるのか例文をいくつかみてみましょう。

  1. このオファーを受けることにはリスクが大きい
  2. 過去の契約条件で、オファーすることができれば理想的である
  3. あのサッカー選手が今回のオファーを断るのは信じられない

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ