「理性」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「理性」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「理性」という言葉の意味についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 理性
  2. 理性とは
  3. 理性の使い方・例文

理性

理性」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
「理性を保つ」「理性を失う」といった使われ方をしている言葉です。

この記事では、この「理性」という言葉について、意味や使い方、英語ではどのように表現するのかなどを詳しく解説していきます。

理性とは

「理性」とは、「物事の道理を考える能力」「道理にしたがって判断したり行動したりする能力」という意味の言葉です。これらをもう少し簡単にいうと、「感情や欲求に流されることなく物事を判断する能力」となります。
「理性」を英語で表す場合は「reason」や「sense」などの単語が使用されます。それぞれ「理由」や「感覚」といった意味の言葉として知られていますね。

「理性」との使い分けが難しいとされる言葉があります。それは「知性」です。
「知性」の意味を調べてみると、「物事を知り、考えたり判断したりする能力」と表記されていることがあります。これは上記の「理性」の意味と似ているように思えますよね。

これらの違いとは、
「理性」=「自身の感情に左右されず、道理や倫理観をもとに判断をする」
「知性」=「過去の経験や知り得た知識などをもとに判断をする」
というように、「何を基準として判断をするのか」という点にあります。
したがって、理性はその人のいる環境や状況によって変化する場合があり、知性はその人の過去や知識によって変化する場合があるのです。

理性の使い方・例文

  1. 異常事態が発生したときも、彼は理性を保つ必要があった。
  2. 別れ話を切り出され、彼女は理性を失った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ