「足元をすくわれる」は正しい?意味や使い方を解説!

「足をすくわれるとは」ということわざを一度は耳にしたことがあると思いますが、その意味を知っているでしょうか。よく「足元を救われる」と間違って覚えられますが、言葉の意味としては便利な言葉です。今回は「足をすくわれるとは」の意味・使い方・例文などを紹介します。また、由来や類語、英語についても紹介します。

目次

  1. 足元をすくわれる?足をすくわれる?
  2. 足をすくわれるの意味とは
  3. 足をすくわれるの由来
  4. 足をすくわれるの類語
  5. 足をすくわれるを使った文章・例文

足元をすくわれる?足をすくわれる?

足をすくわれる(あしをすくわれる)」という言葉の意味について解説します。

すきをつかれて失敗させられたときに、「足をすくわれる」と言うことがあります。よく「足元をすくわれる」と間違って使われますが「足をすくわれる」が正しいです。

皆様はこの足をすくわれるという言葉の意味をご存知でしょうか。

足をすくわれるの意味とは

足をすくわれるの意味は「卑怯な方法ですきをつかれて失敗させられること」「油断しているところに思いがけない手段でつけこまれること」となります。

読み方は「あしをすくわれる」です。

足をすくわれるの由来

もとは、「足を掬う」という言葉から来ていて、辞書などでも「足を掬われる」ではなく「足を掬う」というように記載されていることがほとんどです。

足をすくわれるの類語

<類語>
「寝首を掻かれる」「飼い犬に手を咬まれる」「恩を仇で返される」
「不意打ちを食らう」「寝込みを襲われる」
「すきを突かれる」「足を掬われる」

<英語>
「Be carried off one's feet」
「If he not careful enough, he might fail.」

足をすくわれるを使った文章・例文

<例文>

  • 足をすくわれるから、もっと警戒しておこう。
  • 気を抜くと足をすくわれるよ。
  • 足をすくわれないように気を付けてね。
  • 足をすくわれて、勝負に負けてしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ