「サムネ」とは?意味や使い方を解説!

最近使われる「サムネ」という言葉があります。若者によく使われる言葉のため覚えておくと便利です。今回は「サムネ」について解説していきます。

目次

  1. サムネ
  2. サムネの意味とは
  3. サムネを使った文章・例文

サムネ

ツイッターやLINEなどで、「サムネ(サムネイル)」という言葉を目にします。サムネとは、サムネイルを縮小した言葉です。
中高生たちがコンピュータ用語として使っている言葉で、ツイッターやLINEや名刺などにある、小さな窓枠の写真(プロフィール画像)のことを指して読んでいます。

若い世代に使われている言葉、「サムネ」についてご説明します。

サムネの意味とは

サムネ(サムネイル)は、「画像や印刷物などを公開するときに、視認性を高めようと加工や縮小をした画像」を意味しています。簡単にいうと「画像ファイルを縮小表示すること」です。サムネの作成方法には2通りあり、原画像を縮小化して表示する形と、原画像を縮小加工する形があります。

サムネイルは英語で、thumbnailと表現しています。英語のthumbは日本語で親指、nailは「の爪」を意味し、先程説明したプロフィール画像のことを「親指の爪」とも呼んでいます。この親指の爪という言葉が意味するように、小さく簡潔という意味を表す言葉として使われています。

データ量が限られているネットワーク上での画像情報の伝達では、「サムネ」として縮小化したものを一覧にする便利な機能も開発されています。この場合、一目で多くの情報を得ることができ、サムネ画像をクリックすると元の大きさで表示するという機能も使われています。

また、現在では、YouTubeの画像でも、サムネを攻略すれば、動画再生回数が断然に拡大するといわれています。

サムネを使った文章・例文

「サムネ」という言葉の例文をご紹介します。

  1. 複数の画像や文章を、サムネ表示させる。
  2. インパクトがあるサムネを作成すると、再生回数があがる。
  3. サムネに載せる写真のチョイスは、重要性が高い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ