「テレワーク」とは?意味やメリット・デメリットを解説!

一昔前に比べて働き方も自由になってきていて、最近「テレワーク」という言葉をよく聞くようになりました。この記事では「テレワーク」という言葉の意味と「テレワーク」のメリット・デメリットについて解説します。

目次

  1. テレワーク
  2. テレワークとは
  3. テレワークのメリット・デメリット

テレワーク

テレワーク」という言葉の意味について解説します。

近年になってよく聞くようになった言葉に「テレワーク」というものがあります。ワークと付いているのだから仕事の一種のように思えますが、詳しくは分かりづらいですね。皆様はこのテレワークという言葉の意味をご存知でしょうか?もしご存知でなければ、ぜひこの機会に意味を知ってみましょう。

テレワークとは

テレワークの意味は「ICT(Infomation and Communication Technology)=情報通信技術を活用し、会社以外の場所で働く業務形態」となります。

テレワークのテレとは「遠距離」という意味を持つteleで、ワークは「仕事」という意味のworkです。その2つの言葉を組み合わせて作られた人事労務用語がテレワークです。そして、テレワークを活用して働く人のことをテレワーカーと呼びます。

簡単に言うと在宅勤務であり、就業形態によって雇用型・自営型・内職副業型の3つに分類されています。雇用型は営業職の人などの外勤型・オフィスなど決められた場所で働く内勤型・通勤困難な場合に自宅で仕事をする通勤困難型に分類されます。自営型は個人事業主の人、内職副業型はアルバイトのような仕事を自宅で行う人のことを指します。

テレワークのメリット・デメリット

テレワークのメリット

働き手は通勤時間を0にすることができ、家事や子育て・介護をしながら働くこともできます。そして通勤がないことで住む場所を選ばず、自宅なら作業にも集中しやすいです。

企業側もワークスタイル改革による離職率の低下やワークライフバランス向上による生産性アップ、厚生労働省から助成金制度が出ているため導入しやすいなどのメリットがあります。

テレワークのデメリット

企業にとっては問題点も目立ちます。オフィス外で働くため、就業時間や作業内容の管理といったテレワークの運用問題があり、他にもIT端末を使っての仕事のため、セキュリティ対策が重要となります。自宅外では仕事をしない・公共のインターネットを使用しないなどのルールを作り、制度を運用することが必須です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ