「マテリアル(material)」とは?意味を解説!

「マテリアル」という言葉の意味について解説します。ビジネスでもマテリアルという言葉は登場することがありますので、ぜひ意味を覚えておきましょう。

目次

  1. マテリアル
  2. マテリアルとは
  3. マテリアルの使い方・例文

マテリアル

今回の記事では「マテリアル」について説明していきます。

日常生活の中ではあまり使うことが少ないですが、ビジネス用語としては比較的よく目にする言葉です。社名の一部として起用している企業も多く、三菱マテリアルや三協マテリアルなどが挙げられます。

また、昨今ではゲーム内の素材の名前だったり、マテリアルガールやマテリアルワールドなど、徐々に使われる場所が多くなってきている言葉でもあります。

突然マテリアルという言葉が出てきたときに、意味が分からなくなて困ることがないように、この記事を読んでしっかりと覚えましょう。

マテリアルとは

まずマテリアルの日本語の意味は原材料・物質です。

例えばマテリアルガールの場合であれば、即物的な女性や物欲的な女性という意味を示していることになるのです。あまりメジャーではありませんが、相手の性格を表す時にあえてこの言葉を選んで使う人もいます。

企業が社名としている理由としては物質そのものを扱っている業種である場合や、物質的な商品を提供している産業である場合となります。3Dの様に立体的なという意味を特に強調したい時などにあえてマテリアルという言葉を用いることもあります。


また、マテリアルには「記事」や「データ」、「官能的な」や「重要的な」という意味もありますので、その場に合わせて使い分けることが必要な言葉でも覚えてく必要があるのです。

ちなみにマテリアルの英語のスペルは『Material』となります。

マテリアルの使い方・例文

マテリアルの例文についてご紹介させていただきます。

1.あの女優はマテリアルなファッションが良く似合う。
2.プラスチック製のマテリアルリサイクルシステム
3.彼女はマテリアル的な性格だ。
 

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ