「センス」とは?意味や使い方を解説!

「センス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「センス」について解説します。

目次

  1. センス
  2. センスとは
  3. センスの使い方・例文

センス

この記事では「センス」について解説させていただきます。

センスという言葉は日常生活でもよく使う言葉ですよね?
「あの人はセンスがある」などというような使い方をする言葉ですが、実際にセンスとは何を意味しているのかご存知でしょうか?

きっと曖昧なイメージでこの言葉を使っている人も多いはずです。そんな方はぜひこの記事を参考に意味を確認していきましょう。

 

センスとは

まず、センスとは「物事の微妙な変化を感じ取る能力・判断力、またはその才能」という意味を持っています。

例えば「野球のセンスがある」という場合では、野球をプレイするための技術に対する上達度が早い人や、状況に応じた適切な判断力が備わっている人のこと指します。

もちろん、特別なセンスを備えている人たちはその分野で優秀な成績を残す人が多いのも事実です。しかし、野球があまりうまくない選手が、努力でそれをカバーしてプロになった場合などは、プロ野球選手にだからセンスがあるということに直結する訳ではありませんので使い方には注意が必要です。

また、センスは英語の『sense』が語源となっており、日本語訳としては「感覚」という意味があります。

センスの類語

センスの類語については

  • 感覚
  • 感性
  • 判断力
  • 才能
などといった人間の第6感とも呼ばれる分野の意味が挙げられます。

センスの使い方・例文

センスを使った例文についてご紹介させていただきます。

1.あの人には芸術に対する素晴らしいセンスを感じる。
2.たとえセンスが無くても、努力でカバーしてみせる。
3.センスのある服装をしている。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ