「ミラクル」とは?意味や使い方を解説

「ミラクル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ミラクル」について解説します。

目次

  1. ミラクル
  2. ミラクルとは
  3. ミラクルの類語
  4. ミラクルの使い方・例文

ミラクル

ミラクル」という言葉の意味について解説します。

「イッツミラクル!」といった感じでミラクルという言葉はよく聞く言葉ですね。なんとなくすごいことが起きた時に使われているイメージがありますが、皆様はこの言葉の意味をご存知でしょうか?もしご存知でなければ、是非この機会に意味を知ってみましょう。

ミラクルとは

ミラクルの意味は「奇跡的な事」「不思議な事」となります。英語では「miracle」と書きます。

奇跡というのは、神などの超自然の出来事や人間の力・自然法則を超えた出来事などの事を指します。ミラクルはキリスト教を中心に用いられる表現で、日本の仏教や神道においては「霊験」と言います。聖書においてイエス・モーセ・エリヤが様々な奇跡を行ったと書かれており、福音書ではキリストの処女降誕から病者の治療、水がめをぶどう酒に変える、死者を蘇らせる、更には一度死んだ後に生き返るなど、様々な超自然現象が起きたとされています。

他にもスポーツにおいて、格上の相手に対しての勝利やすごいプレーのことを奇跡と呼ぶことがあります。1996年のアトランタオリンピックにの男子サッカーにおいて、日本五輪代表がブラジル五輪代表を相手に1-0で勝利したことは「マイアミの奇跡」と呼ばれています。

現代においてはすごいことが起きた時にミラクルと呼んだり、さまざまな珍しい現象にミラクルと付けて呼んでいます。

ミラクルの類語

  • 神業
  • 霊異
  • 不可思議
  • 脅威
  • 霊験

ミラクルの使い方・例文

  1. ゴールポストに当たって跳ね返ったにもかかわらず、ゴールに入ったミラクルシュートが話題を呼んだ。
  2. 奇跡は起きるんじゃない起こすんだ、メークミラクルだ。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ