「アラート」とは?意味や使い方を解説!

「アラート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アラート」について解説します。

目次

  1. アラート
  2. アラートの意味とは
  3. アラートを使った文章・例文

アラート

「アラート」という言葉の意味や例文について解説します。

最近、ニュースなどで頻繁に、北朝鮮の弾道ミサイルの問題が取り沙汰され、
同時に「Jアラート」という言葉をよく耳にします。

Jアラートとは、大規模災害や弾道ミサイル攻撃の情報を国から国民へ防災無線などを通じて知らせるシステムのことです。

そもそも「アラート」とは、どういう意味なのでしょうか。

本来の意味とは別に、IT用語として用いられることもあるので、文脈から意味を理解できるようにしておきましょう。


 

アラートの意味とは

アラート(alert)とは、「警報」という意味になります。

また、IT用語でのアラートとは、「パソコンの使用者が誤った操作をしようとしているときに出される警告や注意を促すメッセージ」を指します。

アラーム(alarm)も同じ警報という意味ですが、日本では、目覚まし時計を指すときに使わることが多いです。

英語では、alertは、「油断のない。」「注意を払っている。」という意味になります。

また、alarmは、「警報」「非常報知」という意味になります。

英語では、alarmが警報という意味で使われ、alertは、警報という意味では使われないので、注意が必要です。
 

アラートを使った文章・例文

  1. アラートが鳴ると動悸がする。
  2. けたたましいアラートの音が響き渡った。
  3. Jアラートが鳴っているから速やかに、地下へ避難しよう。
  4. Jアラートの音で目が覚めた。
  5. パソコンで間違った操作をすると、アラートが出現する。
  6. パソコンの操作中にアラートが出現したら報告して下さい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ