「地に足をつける」とは?意味や使い方を解説!

「地に足をつける」という言葉の意味について解説します。あわせて「地に足をつける」の使い方も紹介します。

目次

  1. 地に足をつける
  2. 地に足をつけるの意味とは
  3. 地に足をつけるの類語
  4. 地に足をつけるを使った文章・例文

地に足をつける

「地に足をつける」という、ことわざの意味や例文、使い方について解説します。

読み方は、「ちにあしをつける」になります。

地に足をつけるということわざは、大事な場面で使われる機会が多く、一度は聞いたことがある方が多いと思います。

「地に足を付けるように生きなさい。」というように、生きる上でのアドバイスとして用いられることもあるので、正しい意味をしっかりと理解しておく必要があります。

目上の人が使うことが多く、間違った解釈で受け取ってしまうと、失礼になる恐れがあります。

この機会に、「地に足をつける」の意味や使い方を理解していきましょう。
 

地に足をつけるの意味とは

地に足をつけるの意味は、「物事を少しずつ、確実に進めていくこと」になります。

地に足をつけるの類語

  • 確実に
  • 堅実に
  • 丁寧に
  • 確かめるようにして
  • 手堅く
  • 地道な
  • 一歩ずつ
  • 危なげなく
  • 着実に
さまざまな類語がありますが、主に、否定形の「地に足がつかない」という表現の中で用いられることが多いです。
「地に足がつかない」とは、浮足立って冷静さを欠いている様子を指します。

地に足をつけるを使った文章・例文

  1. もう年なのだから地に足をつける生き方をしなければいけない。
  2. 浮足立っていないで、地に足をつけるように行動しなさい。
  3. あの人は、地に足をつけるように仕事をしていて立派だ。
  4. 物事は、地に足をつけるように進めなければならない。
  5. 地に足をつけるという言葉をモットーに生きている。
  6. しっかりと生きるには、地に足をつけるように行動していくことが重要だ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ