「光陰矢の如し」とは?意味や使い方を解説!

「光陰矢の如し」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「光陰矢の如し」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 光陰矢の如し
  2. 光陰矢の如しの意味とは
  3. 光陰矢の如しの類語
  4. 光陰矢の如しを使った文章・例文

光陰矢の如し

「光陰矢の如し」ということわざの意味や類語、例文について解説します。

読み方は、「こういんやのごとし」となります。

光陰矢の如し(こういんやのごとし)ということわざを一度は、聞いたことや使ったことがある方は、多いと思います。
しかし、同時に、間違った意味で使われやすいことわざでもあります。

間違った意味で使うと、恥をかいてしまう危険性があるので、正しい意味を理解しておく必要があります。

日常生活やビジネスの場面で、スマートに使うことができると、かっこいいことわざなので、この機会に意味や使い方を理解していきましょう。

 

光陰矢の如しの意味とは

光陰矢の如しの意味は、「月日が経つのが早いことの例え」になります。

光は、「日」。陰は、「月」を指しており、月日が経つのは、放った矢のように早いという比喩表現が用いられています。

また、月日が経つのは早く、一度送ってしまったら二度と戻ってこない。
そのため、無為に送るものではないという戒めの意味もあります。
 

光陰矢の如しの類語

  • 烏兎怱怱(うとそうそう)
  • 月日に関守なし
  • 歳月人を待たず
  • 光陰流水の如し
  • 光陰に関守なし
  • 歳月流るる如し
  • 盛年重ねて来らず
  • 今日のあとに今日なし
このように、さまざまな類語がありますが、どの言葉も「月日が経つのが早い」という意味になります。

光陰矢の如しを使った文章・例文

  1. 光陰矢の如しで、あっという間に年を取った。
  2. 年齢を重ねると、40年なんて光陰矢の如しだ。
  3. 結婚してから光陰矢の如し20年経った。
  4. わが子が今年、社会人になる。子育ては光陰矢の如しだった。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ