「皆無」とは?意味や読み方を解説!

「皆無」という言葉の意味や読み方を解説します。あわせて「皆無」の類語や例文をご紹介します。

目次

  1. 皆無
  2. 皆無の意味とは
  3. 皆無の類語・対義語
  4. 皆無を使った文章・例文

皆無

皆無(かいむ)」という言葉の意味について解説します。

「そんな事は皆無に等しい」というような使い方をする皆無という言葉の意味をご存知でしょうか。

この機会に意味を理解してみましょう。
 

皆無の意味とは

皆無の意味は「全く存在しないこと。全然ないこと」となります。
読み方は「かいむ」です。

無いというさまをより強調した言葉です。

「皆(みな・みんな)」の意味は「全て。残らず。全部。ことごとく。」となります。
「無(ム・ブ・ない)」の意味は「ない。存在しない。かけている。」となります。

「皆無に等しい」の意味は「あってないようなもの。無いも同然。」と同じような意味合いになります。

いまや世界基準の4人組ロックバンドONE OK ROCK(ワンオク)の曲2008年にリリースされた「皆無」の歌詞の中で「ココは皆無・カイム」とあります。

若い世代に支持されてきたバンドの歌詞にも「皆無」が使われるぐらいですから、幅広い年代層に認識されている言葉です。
 

皆無の類語・対義語

<類語>
「絶無」「無」「ゼロ」「ナッシング」

<対義語>
「充溢」「横溢」「充満」「潤沢」「豊富」

<英語>
「none」「nothing」
 

皆無を使った文章・例文

<例文>

  1. 彼のファッションセンスは皆無に等しい。
  2. 君は朗読する時に、その情景を浮かべながら声に表現するということが皆無である。
  3. 私の案件が、部長の所まであがるのは皆無に等しい。
  4. もうこれ以上私がやれることは皆無です。
  5. そのジャンルの知識は皆無だろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ