「ジャッジ」とは?意味や使い方を解説!

「ジャッジ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思います。よく、スポーツ中に耳にすることがあると思いますが、どのようなときに使う言葉なのでしょうか。この記事では「ジャッジ」の意味や使い方、例文について解説します。

目次

  1. ジャッジ
  2. ジャッジの意味とは
  3. ジャッジを使った文章・例文

ジャッジ

ジャッジ」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

しかし、皆さんは「ジャッジ」という言葉の意味を正確に知っていますか。
今回は「ジャッジ」について解説していきます。

ジャッジの意味とは

ジャッジ(judge)」の意味は、「判決を下すこと。判断すること。審判。判定」「競技の進行や勝敗の判定などをする審判員やボクシングなどではレフェリーに次ぐ副審のこと」となります。

スポーツなどの競技中などによく使われる言葉です。
競技において、判定を下す人のことを「審判」「審判員」「レフェリー」「アンパイア」などと呼びます。


<慣用句>

  • ジャッジフラッグ(judge flag):柔道・レスリングの試合で勝負判定の際に副審があげる
  • ジャッジペーパー(judge paper):ボクシングやレスリングで、試合進行中に競技者のポイントを書き留めておく判定用紙
  • ジャッジランプ(judge lamp):レスリングでポイントを示す赤・青のランプ

<類語>
「オピニオン」「見解」「裁く」「ジャッジメント」
「審判」「審判員」「レフェリー」「アンパイア」など

ジャッジを使った文章・例文

<例文>

  • 競技中にジャッジする人の体調が悪くなってしまい、一時休戦となった。
  • クイズ番組で、ジャッジする人が答えを間違えて発表してしまった。
  • ジャッジに納得がいかず、監督が抗議をしにいく。
  • 審判員は、いつでもジャッジミスをしないようにとても神経を使って判定している。
  • 私は優柔不断なのでジャッジをする仕事には向いていないと思う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ