「ミュート」とは?意味や使い方を解説!

「ミュート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ミュート」について解説します。

目次

  1. ミュート
  2. ミュートの意味とは
  3. ミュートを使った文章・例文

ミュート

「ミュート」という、言葉の意味や例文について解説します。

テレビやスマートフォンを操作する際に使うことが多いこの言葉ですが、皆さんは、ミュートの正しい意味を知っていますか。

最近では、ツイッターの機能を指す言葉として使われることもあります。

さまざまな意味がある言葉なので、この機会に、ミュートの意味や使い方を理解していきましょう。

ミュートの意味とは

「ミュート」の意味は3つあります。

まず、1つ目の意味は、「楽器の弱音器」になります。
弱音器とは、楽器の音を弱めるために取り付ける機械を指します。

2つ目の意味は、「テレビ・ステレオなどの消音装置」になります。

3つ目は、「音を出さない。」という意味になります。
一般的には、テレビやスマートフォンなどの音を消す際に使われることが多いです。

ツイッターのミュートとは、「自分がフォローしているアカウントの投稿を一時的に非表示にする機能。」を指します。
ブロックとは違い、お互いフォローしている状態は保ったまま相手の投稿を非表示にすることができるので、相手にバレることはありません。
ブロックの場合は、相手もこちらをフォローできなくなるため、トラブルに繋がりやすいです。

ミュートを使った文章・例文

  1. 電話がかかってきたので、テレビの音量をミュートにした。
  2. 寝ている間は、スマートフォンの音量をミュートにしている。
  3. スマートフォンの音量をミュートにしていたので、電話が鳴ったことに気がつかなかった。
  4. ツイッターでフォローした相手が、不愉快な投稿をしているのでミュート機能を使って非表示にした。
  5. 久々に、ツイッターのミュート機能を解除してみよう。
  6. ツイッターのミュート機能を解除したらタイムラインに不愉快な投稿が並んだ。
  7. ツイッターのミュート機能とは違い、フォローを外すと、相手にバレる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ