「スーパー銭湯」と「銭湯」の違いとは?それぞれ意味を解説!

「スーパー銭湯」と「銭湯」の違いについて解説します。どちらも同じような感じがしますし、そもそもどうしてスーパ―なのか?疑問に感じます。違いはあるのでしょうか?それぞれの意味をしっかりと理解し「スーパー銭湯」と「銭湯」を使い分けられるようになりましょう。

目次

  1. 「スーパー銭湯」と「銭湯」
  2. 「スーパー銭湯」と「銭湯」の意味とは
  3. 「スーパー銭湯」と「銭湯」の違いとは
  4. 「スーパー銭湯」と「銭湯」を使った文章・例文

「スーパー銭湯」と「銭湯」

スーパー銭湯に行きましょう!」も「銭湯に行きましょう!」も同じように聞こえますよね。

スーパー銭湯とはそもそもどうしてスーパーなのか?はっきりとした違いが銭湯と比べるとあるに違いありません。

それぞれの意味を調べると違いがはっきりと分かってきます。

「スーパー銭湯」と「銭湯」の意味とは

まず、簡単に言いますと「銭湯」とは「入浴のための公衆浴場という意味です。

そして、「スーパー銭湯」とはこの通常の入浴場だけでなく、大規模で立体駐車場の完備やサウナなどの「他の設備がついている機能性が高い公衆浴場を表します。

そこで、それぞれ二つの公衆浴場を英語で言い表すのなら、銭湯は「Public Bath」と言い表すことができ、スーパー銭湯は「Public Bath and Public Sauna」と英語表現では言い表すこととなります。

そして、スーパーという英語表現にはもともと、ラテン語のスペリオール「上位、優れた」の意味からの表現で、日本人の感覚として普通より上という意味合いで使うので、スーパー銭湯にはサウナや蒸し風呂なども完備されているといった意味で表現されています。



 

「スーパー銭湯」と「銭湯」の違いとは


この点の具体的で正確な違いを生み出しているのは日本の公衆浴場法であって銭湯は普通公衆浴場と呼ばれ、スーパー銭湯は特殊公衆浴場と呼ばれています。

そして、興味深いのが銭湯は法によって守られている一面があります。

それには、減税、水道代を比較的安く提供する、融資の援助などです。

一方、スーパー銭湯にはそのような優遇措置はありません。
 

「スーパー銭湯」と「銭湯」を使った文章・例文

  1. あそこのスーパー銭湯はサウナ設備がきれいだ。
  2. もうあの銭湯は長い年月皆さんから愛用されています。
  3. 実家に帰ると子供のころに行っていた銭湯に行くのが習慣です。
  4. 今度オープンするスーパー銭湯はどのような設備があるのか楽しみだ。
  5. 市内のスーパー銭湯は駐車場の入り口が施設のわりに小さい

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ