「合縁奇縁」とは?意味や使い方を解説!

「合縁奇縁」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「合縁奇縁」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 合縁奇縁
  2. 合縁奇縁の意味とは
  3. 合縁奇縁の類語
  4. 合縁奇縁を使った文章・例文

合縁奇縁

合縁奇縁(あいえんきえん)」という四字熟語を聞いたことがありますか。日常の会話で頻繁に使われる四字熟語ではありませんが、意味を知って使うことができると会話にアクセントを加えられる四字熟語ですので、正しく意味を知っておきたいですね。

見回してみると、誰の周囲にも「合縁奇縁」な組み合わせは溢れていますので、この四字熟語を知っているだけで周りの人間関係を見る目が変わるかもしれませんよ。

この記事では、「合縁奇縁」の意味は類語、使い方を解説します。

合縁奇縁の意味とは

「合縁奇縁」は「あいえんきえん」と読み、意味は「人同士の相性は不思議なもので、相性が良いも悪いも因果という不思議な力で決まっている」ことを表しています。

よく使われるのは男女関係においてですが、他の人間関係についても使う四字熟語です。類語の「縁は異なもの味なもの」が主に男女関係に対して使うことに対して、「合縁奇縁」はもう少し幅広く使える言葉なのですね。

この四字熟語は二つの言葉が合わさってできているもので、「合縁」は気の合う縁のことを、「奇縁」は普通ではなかなか考えられないような不思議な縁のことを表しています。実際に周りの人々を見てみると夫婦やカップルに限らず、仲の良い友達同士まで「合縁奇縁」な組み合わせは多いですよね。

合縁奇縁の類語

  • 縁は異なもの味なもの

合縁奇縁を使った文章・例文

  1. 合縁奇縁とはよく言ったものだが、あの夫婦の組み合わせは特に面白い。
  2. このような形で君と仲良くなるとは思っていなかった。まさに合縁奇縁だね。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ