「スタンディングオベーション」とは?意味や使い方を解説!

「スタンディングオベーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「スタンディングオベーション」について解説します。

目次

  1. スタンディングオベーション
  2. スタンディングオベーションの意味とは
  3. スタンディングオベーションの使い方・例文

スタンディングオベーション

スタンディンオベーション」という言葉について解説します。

演劇、コンサート、スポーツなど様々な場面で聞かれる「スタンディンオベーション」という言葉ですが、どのような意味でどういう使い方をするのか、どういう言葉なのかを紹介しますので整理してみましょう。

また混同しがちな言葉であるスタンディングオペレーションについても少し触れますのでご覧になってみてください。

スタンディングオベーションの意味とは

スタンディングオベーションの意味は「立ち上がってする拍手や喝采を送る行為」となります。

素晴らしい演奏や演技、素晴らしいプレイ、感動的な行動などに対して最大級の賛辞として行われます。

日本語にあてるなら「満場総立ちの」などになると思います。

スタンディングオペレーション

スタンディングオベーションとスタンディングオペレーション、この2つは似た響きと字面から混同しがちな言葉だと思います。

スタンディングオペレーションの意味は「立ち作業」となりますので、全く意味が違います。

ネット検索などすると同じ意味の言葉だと勘違いをしている方も多いようなので注意が必要だと思います。

日本でのスタンディングオベーション

1743年、ロンドンで行われた演奏に際し、国王ジョージ2世がその素晴らしさに圧倒され立ち上がって拍手したのが始まりだとされるスタンディングオベーションですが、

日本ではあまり馴染みのある習慣ではなく、ここ最近になりちらほらと見かけるようになってきました。

いきなり立ち上がると周りに迷惑をかけてしまうのでは?という気遣いからなかなか浸透しずらいようです。

スタンディングオベーションの使い方・例文

  • あまりの歌声の素晴らしさに気づけばスタンディングオベーションしていた
  • 彼の勇敢な行動を観客たちはスタンディングオベーションで迎えた

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ