「健啖」とは?意味や読み方を解説!

「健啖」という言葉の意味について解説します。健啖は読み方も難しい言葉ですが、その意味についてしっかりと理解しましょう。あわせて健啖の類語、対義語も紹介します。

目次

  1. 健啖
  2. 健啖の意味とは
  3. 健啖の語源
  4. 健啖の使い方・例文

健啖

健啖(けんたん)」という言葉の意味について解説します。

「あの人は健啖家だ」のような形で、健啖という言葉が使われることがあります。文字だけ見ても意味が分かりづらいこの言葉、皆様は意味をご存知でしょうか?もしご存知でなければ、ぜひこの機会に意味を知ってみましょう。

健啖の意味とは

健啖の意味は「好き嫌いなく、よく食べる様子」「食欲が旺盛な様子」となります。

簡単に説明するとたくさん食べるということで、健啖な人のことを「健啖家」と呼ぶわけですね。似たような言葉に大食漢という言葉がありますが、大食漢は男の人に向けて使われる言葉で、健啖家は女の子に対しても使える言葉という違いがあります。また、イメージ面の問題でも違いがあり、大食漢や大食いはあまり良いイメージを持たれていないものの、健啖は肯定的な表現とされており、良いイメージを持たれている言葉となっています。

ただし、健啖が良いイメージとされているのはあくまで常識の範疇にある場合です。過度の大食いやマナーから外れた下品な食べ方をしている場合は、健啖という言葉の範囲外となりますので注意しましょう。

健啖の類語

  • 大食
  • 貪食
  • 飽食

健啖の対義語

健啖の対義語は小食となります。

健啖の語源

健啖の語源ですが、啖という言葉は「貪り食う」という意味を持っており、「健康的に貪り食う」ので健啖となります。この言葉には特に故事などは存在しておらず、由来も不明となっています。

健啖の使い方・例文

  1. あの女の子は外見からは想像もつかないほどの健啖家だ。
  2. 父は還暦を迎えてなお健啖で、たくさんの食事を摂取している。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ