「アイソレーション」とは?意味や使い方を解説!

「アイソレーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思いますが、どのようなときに使う言葉なのでしょうか。この記事では「アイソレーション」の意味や使い方について解説します。また、英語や読み方についても紹介します。

目次

  1. アイソレーション
  2. アイソレーションの意味とは
  3. アイソレーションを使った文章・例文

アイソレーション

アイソレーション(isolation)」という言葉を一度は聞いたことが
あるかと思います。

しかし、皆さんは「アイソレーション」という言葉の意味を正確に知っていますか。
今回は「アイソレーション」について解説していきます。

アイソレーションの意味とは

「アイソレーション」という言葉の意味は、「隔離、分離、孤立、孤独、絶縁、単離」となります。
英語は「isolation」で、読み方は「アイソレーション」です。

動詞の「アイソレート(isolate:孤立させる)」に
「ション(-tion:~すること)」を付け、
「孤立」を表す名詞にした言葉です。

ダンスやバスケットボール、医療などにも使われています。
バスケットボール用語では、1対1を仕掛けやすいように企図されたフォーメーションのことを言います。
医療では、「アイソレーションユニット」「アイソレーションシステム」「アイソレーション症候群」などという言葉が使われています。

「アイソレーションタイプ」は「孤立型」という意味で、他との間隔が離れているものや、完全に切り離されて孤立しているものを表します。
例えば、パソコンのキーボードの各キーが少しずつ間隔が離れて設置されているものを、
「アイソレーションキーボード」と言います。
 

語源

ラテン語の「島」を表す言葉。
島のように孤立したものを意味します。

アイソレーションを使った文章・例文

<例文>

  • パソコンのキーボードは、アイソレーションタイプのものが使いやすい。
  • アイソレーションを徹底して、ノイズ対策に優れた商品を開発することができた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ