「アイソレーター」とは?意味や使い方を解説!

「アイソレーター」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アイソレーター」について解説します。

目次

  1. アイソレーター
  2. アイソレーターの意味とは
  3. アイソレーターを使った文章・例文

アイソレーター

「アイソレーター」という言葉の意味や例文について解説します。

あまり耳馴染みのない言葉ですが、皆さんは、アイソレーターという言葉の正しい意味を知っていますか。

英語表記は、「isolatur」になります。

英語表記になると、読み方がわかりずらくなります。

専門性が高く、少し難しい意味になりますが、知っておくと便利なので、この機会にアイソレーターという言葉について、深く知っていきましょう。
 

アイソレーターの意味とは

アイソレーター(isolator)の意味は、3つあります。

1つ目の意味は、「振動、騒音の絶縁装置。主に基礎構造物と建物の間に置かれる金属やバネを組み合わせた隔離物などの耐震構造物」になります。

2つ目の意味は、「絶縁体、断路器」になります。

3つ目の意味は、「閉鎖環境で、医薬品の製造や細胞の培養などを無菌状態で行う作業システム」になります。


 

アイソレーターを使った文章・例文

  1. アイソレーターには、保護回路が搭載されている。
  2. アイソレーターのおかげで、この建物は、地震に強いと言える。
  3. アイソレーターの原理を一言で説明するのは難しい。
  4. 光アイソレーターの原理について教えて下さい。
  5. アイソレーターの回路を示す際に記号が用いられるが、素人には読解できない。
  6. アイソレーターの仕組みについて学んでいるが、記号が多くてよくわからない。
  7. アイソレーターを導入することで、医薬品をより安全に製造できる
  8. isolatorの読み方は難しい。
  9. isolatorの意味を尋ねられたがわかりかねるので、専門家を紹介した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ