「早起きは三文の徳」とは?意味や使い方を解説!

「早起きは三文の徳」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「早起きは三文の徳」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 早起きは三文の徳
  2. 早起きは三文の徳の意味とは
  3. 早起きは三文の徳の由来/語源
  4. 早起きは三文の徳を使った文章・例文

早起きは三文の徳

早起きは三文の徳(はやおきはさんもんのとく)」ということわざは、よく聞くことわざですね。特に宵っ張りな人は、「早起きは三文の徳」だから早く起きなさい!と言われたこともあるかもしれません。

よく使われていることわざですが、その由来や語源、そして三文とはいったいいくらなのかといったことは、知らない人も多いかもしれません。

この記事では、「早起きは三文の徳」の意味や由来、語源や読み方を解説します。

早起きは三文の徳の意味とは

「早起きは三文の徳」の読み方は「はやおきはさんもんのとく」で、意味は「早起きをすることは健康にも良い上に、必ず何かの利益になる」ことを表しています。不規則な生活リズムを戒めて、朝早く起きることを奨励することわざですね。ちなみに、「三文の徳」の「徳」は得と同じ意味で使われています。

では、「三文」とはいったいいくらに相当するのでしょうか。これは、現在の価値でたったの100円程度だそうです。ごくわずかな得だけれども、得るものがあるから早起きするように、という意味が込められているのですね。

現在では、「早起きは三文の徳」ということ自体嘘ではないかと言わることも。最近の研究では、適した活動時間は人によって異なるから無理に早起きする必要がないことも指摘されています。よく聞くことわざなので、科学的には嘘と言われても違和感がありますね。
 

早起きは三文の徳の由来/語源

由来と語源は、複数の説があります。

有名なものは「奈良説」と「高知説」です。奈良説は、家の前に鹿の死体があると三文を払わされるので早起きして片づけたこと、高知説は、朝早くに堤防の土を踏み固めると三文がもらえるから早起きしたことが語源になったと考えたものです。

早起きは三文の徳を使った文章・例文

  1. 早起きは三文の徳だから、毎朝5時に起きる習慣をつけるとよい。
  2. 朝のきれいな空気を吸うと、早起きは三文の徳を実感するなあ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ