「安堵」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「安堵」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「安堵」という言葉の意味についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 安堵
  2. 安堵の意味とは
  3. 安堵の使い方・例文

安堵

日常的に使われる「安堵(あんど)」という言葉ですが、正しい意味をご存知でしょうか。

安堵と聞くと少し硬い言葉なイメージがあったり、どういう場面で使ったらいいの分からずなかなか使いこなせないとい方もいるかもしれません。
こちらでは安堵の正しい意味や使い方、対義語もご紹介します。この機会に覚えて使いこなしましょう。

安堵の意味とは

安堵とはおもに以下の3つの意味があります。
1.苦痛が除かれて快適になった様子やほっと安心した状態やその時の感情
2.居所に安住する様子
3.古代末期からの土地の私有制度における用語で、領地の支配権を主君などから承認される様子
この中でも日常的に使われているのは1の意味でしょう。
例えば荷の重い仕事などを任されたとします。心配や不安が頭から離れず、気がかりですよね。任された仕事を成功させるために様々なことに神経を使い、きっと緊張状態にあるはずです。それが無事に終わって解放されたとしましょう。肩の荷が下りてほっと安心できたとき、「安堵する」となるのです。

安堵の対義語

安堵するの対義語として「危惧:心配や不安を感じ、恐れること」または「懸念:気になって不安におもうこと」などがあげられます。
安堵が不安から解放されて安心することであるのと反対に、これらの言葉は心配事に頭を悩まされている状態を指しています。

安堵の使い方・例文

1.テストの結果に安堵のため息をつく。
2.遭難者全員が無事でいるとの知らせを受けて、本当に安堵しました。
3.その戦での功績により、広大な領地を安堵された。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ