「意味深長」とは?意味や使い方を解説!

「意味深長」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「意味深長」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 意味深長
  2. 意味深長とは
  3. 意味深長の使い方・例文

意味深長

この記事では「意味深長(いみしんちょう)」について解説させていただきます。

みなさんは意味深長という言葉を聞いたことはありますか?あまり馴染みのない言葉の様に聞こえるかもしれませんが、意味深という言葉であれば聞いたことがあるのではないでしょうか?

意味深長という四字熟語を聞いたことが無い人は、この記事を参考に意味を確認していきましょう。

意味深長とは

まず意味深長は「いみしんちょう」と読みます。

意味は「表現内容の奥が深くて含みのある様子」となっています。

簡単に言えば、どこか裏のありそうな内容のメッセージなどに対して、意味深長な内容というような使い方をします。

よく意味深なメッセージといういう人がいますが、これは意味深長(いみしんちょう)を略して意味深(いみしん)という言い回しをしていることになります。

意味深長の英語

意味深長を英語で表す場合は『Expressive』(表現する)という意味を用いることが出来ます。

意味深長というのは、何か伝えたい内容が込められているメッセージなどに対して使われますので、英語ではそれを「表現する」という言葉で表します。

意味深長の類語

意味深長の類語としては
・意味ありげ
・重要
・大切
というように、深く考える必要があるという言葉などが意味が挙げられます。

また四字熟語では
・意在言外(いざいげんがい)
・微言大義(びげんたいぎ)
などが挙げられます。

意味深長の対義語

意味深長の対義語としては
・単純
・明快
・軽率
などのようにあまり重要性が無いという意味や、深く考える必要がないという意味がある言葉が挙げられます。

意味深長の使い方・例文

意味深長の例文についてご紹介させていただきます。

1.あの小説には意味深長な台詞が沢山出てくる。
2.意味深長な父の様子が気になる。
3.彼女に言われた意味深長なメールが気になって眠れない。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ