「目は口ほどに物を言う」とは?意味や使い方を解説!

「目は口ほどに物を言う」ということわざを一度は耳にしたことがあると思いますが、その意味を知っているでしょうか。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「目は口ほどに物を言う」の意味・使い方・例文などを紹介します。また、由来や類語、英語についても紹介します。

目次

  1. 目は口ほどに物を言う
  2. 目は口ほどに物を言うの意味とは
  3. 目は口ほどに物を言うの類語・英語
  4. 目は口ほどに物を言うの由来
  5. 目は口ほどに物を言うを使った文章・例文

目は口ほどに物を言う

目は口ほどに物を言う」という言葉の意味について解説します。
 

皆様はこの目は口ほどに物を言うという言葉の意味をご存知でしょうか。
この機会に意味を理解してみましょう。

目は口ほどに物を言うの意味とは

目は口ほどに物を言うという言葉の意味は、「目は、言葉で説明するのと同じように、相手の人に気持ちが伝わるものだということ。」「言葉に出さなくても、目の表情で相手に伝えることができる。」「言葉でうまくごまかしても、目に本心が表れるものである。」となります。
読み方は「めはくちほどにものをいう」です。


「目は口程に物を言う」と書きたくなりますが、正しくは「目は口ほどに物を言う」ですので注意しましょう。

 

目は口ほどに物を言うの類語・英語

<類語>
「成るか成らぬか目元で知れ」「目が物を言う」
「目は心の鏡」「目は心の窓」「目は人の眼」

<英語>

  • 「The eyes are as eloquent as the tongue.」
  • 「The eyes have one language everywhere.」
  • 「The heart's letter is read in the eyes.」
 
 

目は口ほどに物を言うの由来

目は口ほどに物を言うの由来は、人が喜怒哀楽の感情をとても顕著に表すのが目だということから、何も発言せずとも、目つきから相手の感情がわかるものだということから来ています。
 

目は口ほどに物を言うを使った文章・例文

<例文>

  • 目は口ほどに物を言うだけあって、心理は簡単に読み取られてしまう。
  • 元気に振舞っていてもいても、目は口ほどに物を言うので本当は落ち込んでいるのがわかる。
  • 心理状態は目を見られては隠し通すことができない。目は口ほどに物を言うからだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ