「世間知らず」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「世間知らず」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。世間知らずと言われた人は、具体的に何を知らないということになるのか。この記事ではそんな「世間知らず」という言葉の意味についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 世間知らず
  2. 世間知らずの意味とは
  3. 世間知らずの類語
  4. 世間知らずを使った文章・例文

世間知らず

世間知らず(せけんしらず)」という言葉の意味について解説します。

「世間知らずな若者」や「まだ世間知らずだった頃」というような使い方がされますが、みなさんは具体的にどんな人を意味しているのか、また「世間」がどのようなことを指すのかご存知でしょうか。この記事ではそんな「世間知らず」の意味や使い方を解説します。

世間知らずの意味とは

世間知らずとは、「経験が浅く、世の中のことを知らない」ことを意味します。

未熟であったり、常識知らずな行いをする人物やそうした行いそのものを意味する言葉です。「世の中のこと」とは、主に社会生活を送る上での一般常識のことで、電車やバスの乗り方であったり、敬語の使い方といったものを指します。

未熟とはいっても若者に対してだけ使われるわけではなく、例え60歳を超えていても一般常識を知らずに育ったような人であればこの言葉が当たります。芸能人などでも、幼い頃からあまりに豪華な生活を送ってきたために、電車はおろか自分で買い物をしたことすらないという話を聞きますよね。

>

世間知らずの類語

似ている意味の言葉に、「青二才」などがあります。諸説あるようですが、青魚のスズキは二才でもまだ若いということから、主に若く成長途中の男性を指す言葉として用いられるようになったと考えられている類語です。

世間知らずを使った文章・例文

〈例文〉

  1. 確かに彼は世間知らずだが、悪い奴というわけではない。
  2. 世間知らずと言われたことは悔しいが、成長の糧としてみせる。
  3. 彼は常識知らずなところが魅力だといわれているが、わたしにいわせれば単なる世間知らずでしかない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ