「帰省」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「帰省」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「帰省」という言葉の意味についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 帰省
  2. 帰省の意味とは
  3. 帰省と帰郷の違いとは
  4. 帰省を使った文章・例文

帰省

帰省(きせい)」という言葉の意味について解説します。

お盆や年末になると「帰省ラッシュ」という言葉を多く聞くようになりますし、よく使われる言葉です。

この「帰省」の意味をご存知でしょうか。

この機会に意味を理解してみましょう。
 

帰省の意味とは

帰省とは「故郷に帰ること」という意味になります。
読み方は「きせい」です。

休みを利用して、短期間故郷へ帰る時などに「年末年始は帰省します」と言ったりします。

>

帰省と帰郷の違いとは

「帰省」は元々は、故郷に帰って親の安否を気遣うという意味がありました。

「帰」は「本来の位置へ戻る」「かえる」「あるべきところへ行く」「おもむく」という意味になります。
「省」は「振り返ってよく考えてみる」「安否をたずねる」「はぶく」という意味になります。

両親の安否をたずねるという意味から、今では休みを利用して一時的に帰るとなってきてます。親への思いの変化や交通網の発達で、その意味が変わってきたのでしょう。

「帰郷」の意味は「帰省」と同じく故郷へ帰ることですが、もっと長期的な場合とその地に居続けることの意味合いを含みます。
「郷」は「むらざと」「いなか」「ふるさと」という意味になります。

「帰省」が一時的に帰るに対して、「帰郷」は長期的か永続的にその地へ帰るという違いがあります。

「里帰り」は「女性が結婚後はじめて実家に帰ること」「奉公人が休暇で自家へ帰ること」という意味になります。女性が出産などで里帰りするなどはよく聞く言葉です。

帰省を使った文章・例文

<例文>

  1. 有給休暇を取り、帰省する予定でいます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ