「曲学阿世」とは?意味や使い方を解説!

「曲学阿世」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「曲学阿世」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 曲学阿世
  2. 曲学阿世とは
  3. 曲学阿世の由来
  4. 曲学阿世の使い方・例文

曲学阿世

この記事では「曲学阿世(きょくがくあせい)」について解説させていただきます。

みなさんは曲学阿世という言葉を聞いたことはありますか?あまり日常会話の中で使うことが多い言葉でありませんので、聞いたことがない方や読めない方も多いと思います。

そんな方はこの記事を参考に、意味を確認していきましょう。

曲学阿世とは

まず読み方についてですが曲学阿世「きょくがくあせい」と読みます。読み間違いとしては「きょくがくあせ」や「きょくがくあよ」などが挙げられます。

読み方は「きょくがくあせい」ですので、間違えないように注意しましょう。

意味は「真実を曲げて、世間・権利者から気に入られようとする言動をする様子」となります。

簡単に言えば、相手に気に入られるために本質を偽ってでも気に入られようとする言動や行動という意味です。

曲学阿世の類語

曲学阿世の類語としては
・媚びを売る
・変わり身の早い
・社交辞令
・色目を使う
以上の様に相手の機嫌を取るための言動や行動などが挙げられます。

曲学阿世の由来

曲学阿世の由来ですが、「曲学」という言葉と「阿世」という言葉が合わさった言葉です。

「曲学」とは正しい学問の真実を故意的に曲げるという意味であり、「阿世」とは世に気に入られようとするという意味を表しています。

正しい学問の道理を曲げてでも、世の中や権力者に対して気に入られようとする言動や行動がこの四字熟語の由来となっています。

曲学阿世の使い方・例文

曲学阿世の例文についてご紹介させていただきます。

1.あいつは曲学阿世な人間だ。
2.今日は社長が来ているため、部長は曲学阿世な言動ばかりしている。
3.時と場合によっては曲学阿世になることも必要である。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ