「群雄割拠」とは?意味や使い方を解説!

「群雄割拠」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「群雄割拠」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 群雄割拠
  2. 群雄割拠の意味とは
  3. 群雄割拠の使い方・例文

群雄割拠

この記事では「群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)」について解説させていただきます。

群雄割拠という四字熟語を皆さんは聞いたことがありますか?
四字熟語を日常生活の中で多用する人はあまり多くはいませんので、初めて見たという人や漢字が読めないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方はぜひこの記事を参考に理解を深めていきましょう。

群雄割拠の意味とは

まず読み方についてですが群雄割拠は「ぐんゆうかっきょ」と読みます。読み間違える人はあまり多くいませんが「雄」は「おす」と読むことを知っていても「ゆう」と読むことを知らない人もいると思います。

読み方は「ぐんゆうかっきょ」ですので間違えないように注意しましょう。

意味は「多くの英雄などの実力者が様々な場所で権力を振るい、互いに対立しあう様子」となります。

由来としては漢字のままであり、群れを成すほどの英雄たちが割かれた地で拠点を築き、対立しているという意味からきています。

群雄割拠の英語

群雄割拠を英語で表すと『Opposition of Heros』『Rivalry of local barons』などと表すことが出来ます。
Heros(英雄たち)のOpposition(対立)や、Local(各地)のBarons(王たち)のRivalry(競争)のような意味から英文といして表すことが出来ます。

群雄割拠の類語

群雄割拠の類語としては
・無法地帯
・三国志
・混乱状態
というように無秩序的で統一性が無いという意味の言葉や、強者や英雄がそれぞれに争っているという意味の言葉が挙げられます。

群雄割拠の使い方・例文

群雄割拠の例文についてご紹介させていただきます。

1.この野球部は今まさに群雄割拠の時代を迎えようとしている。
2.群雄割拠な現状を、突然現れたあるエースが全てをまとめた。
3.群雄割拠なチームこそ、ライバルと競うことが出来るため強い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ