「セオリー」とは?意味や使い方を解説!

「セオリー」という言葉を聞いたことがありますか?この記事では「セオリー」というカタカナ語の意味や例文について解説します。合わせて、英語や類語なども解説します。

目次

  1. セオリー
  2. セオリーとは
  3. セオリーの使い方・例文

セオリー

この記事では「セオリー」について解説させていただきます。

みなさんはセオリーという言葉を聞いたことはありますか?
セオリー通りの結果だという言い回しなどを耳にしたことがある人も多いかと思います。

しかし、セオリーにはどんな意味があるのか実際には曖昧にしか知らない人も少なくないはずです。そんな人はこの記事を参考に意味や使い方について理解を深めていきましょう。

セオリーとは

まずセオリーには「理論・仮説・定石・確立された方法」という意味があります。

つまり、ある程度認知度があって一般的であり、最も有力な方法や理論のことを表します。
将棋や囲碁などでは、まず定石をしっかりと覚える必要があると言いますが、これはセオリー通りにある程度ゲームを進められるための勉強のことです。

理論や戦法の基礎と考えてもらえれば分かりやすいかもしれません。


また、セオリーの語源は英語の『theory』から来ています。日本語での意味も「理論や学説」という意味になりますので、英語での使い方も基本的に同じになります。

theoryという名前の通販サイトなどもありますが、このような場合の日本語の意味としては基本をしっかりと抑えている商品や斬新さや奇抜さではなく、オーソドックスなデザインの商品を展開しているという意味が挙げられます。

セオリーの類語

セオリーの類語については
・定石
・一般的
・正攻法
などといった正しいやり方や、広く認知された説や方法などという意味がある言葉が挙げられます。

セオリーの使い方・例文

セオリーの例文についてご紹介させていただきます。

1.まずはセオリー通りに進めることが大切だ。
2.予想外の展開にセオリーが乱れてしまった。
3.何事もセオリー通りにはいかないものだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ