「目には目を歯には歯を」とは?意味や使い方を解説!

「目には目を歯には歯を」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「目には目を歯には歯を」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 目には目を歯には歯を
  2. 目には目を歯には歯をとは
  3. 目には目を歯には歯をの使い方・例文

目には目を歯には歯を

この記事では「目には目を歯には歯を(めにはめをはにははを)」について解説させていただきます。

みなさんはこのことわざを聞いたことがありますか?聞いたことが無い人にとっては「目」や「歯」という言葉が連続して出てくるため顔に関係することわざなのかと思った人もいるかもしれません。

意味を知っていれば意外と様々な場面で使うことが出来ることわざでもありますのでこの記事を参考に理解を深めていきましょう。

また、この言葉をイスラム教の言葉であると思っている方は最後までこの記事を読むことをお勧めします。

目には目を歯には歯をとは

まず目には目を歯には歯をとは「他人から害を受けた場合はそれと同じように相手に報復をすること」という意味があります。

みなさんはハムラビ法典という言葉を聞いたことはあるでしょうか?ハムラビ法典とは紀元前1790年ごろバビロニアを統治したハンムラビ王が発布した法典です。

この中の一文にこの目には目を歯には歯をと訳される一文が記されているのです。イスラム教の教えにも似た言葉がありますが、歴史的に見ればハムラビ法典の方が過去ですので起源はイスラム教ではないようです。

目には目を歯には歯をの使い方・例文

目には目を歯には歯をの例文についてご紹介させていただきます。

1.私の父は、目には目を歯には歯をの考え方を強く持っており、やられたらやり返せと教えられた。
2.目には目を歯には歯をとは言うが、やられたからただやり返すのでは小学生とさほど変わりがない。
3.明らかに相手が悪いのに襲い掛かって来た時は目には目を歯には歯をの精神でしっかりとやり返すべきだ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ