「ご法度」とは?意味や使い方を解説!

「ご法度」という言葉の意味や使い方について解説します。あわせて「ご法度」の例文や由来をご紹介します。

目次

  1. ご法度
  2. ご法度とは
  3. ご法度の由来
  4. ご法度の使い方・例文

ご法度

この記事では「ご法度(ごはっと)」について解説させていただきます。

みなさんはご法度という言葉を聞いたことはありますか?
その行為はご法度だなどというセリフを聞いたことがある人もいるかと思います。しかし、意味を正確に理解して使っている人は意外と少ないかもしれません。

この言葉を初めて聞いたという方や今まで曖昧にしか知らなかったという人はこの記事を参考に理解を深めていきましょう。

ご法度とは

まず、ご法度の読み方についてですが、「ごはっと」と読みます。御法度というように頭文字の「ご」を漢字にする場合もあります。法度を敬って言う言い方が御法度となります。

意味は「一般的に禁止されている行為」となります。

例えば麻薬を服用することは御法度である、というような使い方をすることは可能ですが、この公園で遊んではいけないと言いたい時に、この公園で遊ぶことはご法度だと使うのは基本的には難しいです。

それは、ご法度とは一般的に禁止されていることである必要があるため、ケースバイケースの禁止事項や一部の人にしか理解されない禁止事項についてはあまりこの言葉を使うことは適していません。

ご法度の類語

ご法度の類語には
・不許可
・厳禁
・タブー
などのように許されていなことを表す言葉が挙げられます。

ご法度の由来

由来については江戸時代に米や粉ものが消費量の関係により禁止されていたことがるようで、その際に人々は「はっとしながらも」米や粉ものを食していたというところから来ているのではないとかいう説があります。

ご法度の使い方・例文

ご法度の例文についてご紹介させていただきます。

1.飲酒運転がご法度だ。
2.妊婦が煙草を吸うのはご法度じゃないか?
3.恋愛に口を出す気はないが、未成年と付き合い事だけはご法度だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ