「ブリーフィング」とは?意味や使い方を解説!

「ブリーフィング」という言葉を聞いたことがありますか?この記事では「ブリーフィング」というカタカナ語の意味や使い方について解説します。合わせて、英語も解説します。

目次

  1. ブリーフィング
  2. ブリーフィングとは
  3. ブリーフィングの使い方・例文

ブリーフィング

ブリーフィング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

最近ではいろいろな英語がカタカナ言葉として定着していて、この言葉もミーティングなどの場面でよく使われているようです。ブリーフィングルームなどと呼ばれる場所があったりしますが、いったいなんのことだかご存知でしょうか。

カタカナ言葉は正しい意味を知らずに間違った使い方をしている方も多いです。今回はブリーフィングの意味や使い方などをご紹介しますので、この機会に覚えて正しく使いましょう。

ブリーフィングとは

ブリーフィングの意味は「当事者の簡単な報告・説明」「情報や指令を簡単に伝達・説明する行為」などがあります。

もとは英語の「briefing」から来ています。briefingは「短時間の、手短な、簡素な」などの意味のあるbriefの現在分詞形で、名詞としても使われます。

日本で使われるブリーフィングは、主にこの名詞としての意味をとったものでしょう。ミーティングで簡潔に何かを説明するときや、監督・コーチから選手に対して手短に指示を出すなどといった場面でよく使われます。

ブリーフィングの使い方・例文

「ブリーフィング」を使った例文をいくつかご紹介します。
1.それでは今回の事例に関しましてブリーフィングをさせていただきます。
2.明日の会議は10時から3階のブリーフィングルームで行う。それまでに資料をしっかり準備しておくように。
3.飛行機に乗客が搭乗する前、キャビンアテンダントとパイロットはその日のフライトについてのブリーフィングを行います。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ