「レポート」とは?意味や使い方を解説!

「レポート」という言葉を聞いたことがありますか?この記事では「レポート」というカタカナ語の意味や感想文・論文・作文などとの違いについて解説します。合わせて、英語も解説します。

目次

  1. レポート
  2. レポートの意味とは
  3. レポートと感想文の違い
  4. レポートを使った文章・例文

レポート

レポート」という言葉は、とてもよく聞く言葉ですね。特に大学生はレポートに追われて大変な思いをすることが多いかもしれません。

日常会話の中でもよく使われるレポートという言葉ですが、英語での元々の意味や使い方、そしてどのような文書のことを指すかということを正確に理解している人は少ないかもしれません。

レポートを作成する機会が多い人もいるでしょうから、感想文との違いを理解してわかりやすいレポートを作りたいものですね。

この記事では、「レポート」の意味や使い方、感想文や作文との違いを解説します。

レポートの意味とは

「レポート」は英語では「report」とつづり、意味は「報告」を表しています。日本語で使っている「レポート」は英語の「report」の意味から、報告する文書のことを表しているのですね。

このように、報告するための文書ですからレポートと論文、感想文は違うものです。では、レポートと論文はどのように違うのでしょうか。

レポートでは、基本的に「事実」を述べていきます。実験や研究などで得た知識をもとに、それを教授や上司などに正確に報告するのです。対して論文は自分の論を展開するので、事実だけではなく自分の考えが重要になってきます。

レポートと感想文の違い

「レポート」は事実を根拠に基づいて報告するので客観性が求められますが、感想文はあくまで個人の「感想」なので、自由に自分が感じたことを述べてよいものです。

客観的な根拠が求められるかどうかという点でも、レポートと感想文には大きな違いがあるのですね。

レポートを使った文章・例文

  1. 明日はレポートの提出日だから今日は徹夜だ。
  2. テストよりはレポートの方が自分には向いている。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ