「嬉しみ」とは?意味や使い方を解説!

ネット上で使われる「嬉しみ」という言葉があります。若者によく使われる言葉のため覚えておくと便利です。今回は「嬉しみ」について解説していきます。

目次

  1. 嬉しみ
  2. 嬉しみの意味とは
  3. 嬉しみを使った文章・例文

嬉しみ

「嬉しみ(うれしみ)」という言葉の意味や例文について解説します。

悲しみや面白みという言葉は、日常会話でも普通に使うと思いますが、嬉しみはあまり使わないという方が多いと思います。

実は、嬉しみとは、若者の間でしばしば使われる言葉で、主にツイッターやSNSなどで目にすることが多いです。

他にも「○○み」と、感情形容詞に「み」を付けることが流行っています。

ネット用語や若者言葉は不思議な表現が多いです。

使い方がいまいちわからないという方も多いと思うので、この機会に意味や使い方を理解していきましょう。

嬉しみの意味とは

嬉しみの意味は、「嬉しい気持ちを表す言葉」になります。

そのままですが、正しい日本語としての嬉しいという言葉の連用形とは少し異なります。
若者言葉の嬉しみは、語尾に「み」を付けると可愛いからという至極感覚的な理由から出来上がった言葉になります。

他にも感情形容詞に「み」を付けた言葉が存在します。

つらみは「辛い」。しんどみは「しんどい」。ねむたみは「ねむたい」。やばみは「やばい」という意味になります。

悲しみや面白みなど、連用形として普通に使われている感情形容詞以外の言葉が多く見られます。

嬉しみを使った文章・例文

  1. 今日は、彼にバッグを買ってもらう約束をしたからうれしみ。
  2. 尊敬している上司から日ごろの仕事ぶりを褒められたのでうれしみ。
  3. 好きな俳優が出演する映画の試写会に当選したからとてもうれしみ。
  4. ずっと食べたいと思っていたパンケーキを食べに行くことになったのでうれしみ。
  5. パエリアを作るのは初めてだけど、美味しくできたのでうれしみ。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ