「取捨選択」とは?意味や類語を解説!

「取捨選択」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「取捨選択」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 取捨選択
  2. 取捨選択の意味とは
  3. 取捨選択の類語
  4. 取捨選択を使った文章・例文

取捨選択

取捨選択(しゅしゃせんたく)」という四字熟語の意味について解説します。

どんな時でもどんな場面でも「取捨選択を迫られる」ということはよくあることです。仕事の効率化を図る上においての「取捨選択」は重要であるといえます。

「取捨選択」という言葉の意味をご存知でしょうか。

この機会に意味を理解してみましょう。
 

取捨選択の意味とは

取捨選択とは「必要なものだけを取って、不必要なものを捨てること」という意味になります。
読み方は「しゅしゃせんたく」です。

「取捨」とは「必要なものを選び取り、不要なものは捨てること」という意味です。
「選択」とは「多くのものの中から、良いものや目的に値するものを選び取ること」という意味です。

選択する際には、自分の中に選び取れる情報力や技量や知力が試されるのです。仕事の質や効率を重視するには、的確な判断力が必要になるのですから、プライオリティを付けていかなければなりません。
この時に「取捨選択」する能力が後々まで響いてきます。
 

取捨選択の類語

<類語>
「取捨分別」「選り抜き」「採択」「選考」「選別」

「取捨択一(しゅしゃたくいつ)」という言葉はありません。
「取捨選択」と「二者択一」を混同して間違えて覚えてしまったせいでしょう。

「択一」とは「二つ以上のものの中から一つを選ぶこと」という意味です。

取捨選択を使った文章・例文

<例文>

  1. この溢れかえる情報量の中から、取捨選択するには時間が必要だ。
  2. 私の人生において、取捨選択する場面に多く遭遇するのはなぜなのだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ